相続税対策の生前贈与について

相続税対策については、大きくわけて2つの柱があるようです。
節税のための相続税対策の一つ目の柱が、生前贈与を中心とするものです。
これは、相続税の納税額そのものを減らしていこうと考えていく方法になります。
生前贈与を利用して、相続財産をあらかじめ相続人に移しておく方法や不動産を賃貸することで不動産の評価自体を下げる方法が、このタイプの対策になるようです。
そして、2本目の柱が相続税の納税資金を確保していこうと考えていく対策になります。
そして、相続税を不動産などの資産を処分せずに一括で現金で支払えるように、生命保険金などを利用して納税のための資金を準備できるようにするのが、このタイプの対策になるでしょう。

交通事故の相談お任せ下さい|交渉力と実績の交通事故被害者救済センター

過払い請求・借金問題お任せ下さい | 弁護士法人 村岡総合法律事務所

最新記事

  • 生前贈与を利用した相続税対策は、相続の対象となる財産自体を少なくする方法の節税対策のなかでも中核を担 …

    続きはコチラ

  • 生前贈与における連年贈与を利用した相続税対策は一人あたり110万円と少しずつしか贈与できませんので毎 …

    続きはコチラ

  • 生前贈与の連年贈与が相続税対策には有効です。
    その際には不動産登記の名義変更などが必要になって …

    続きはコチラ